• 2010.04.13 Tuesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

☆8接続論[ANOTHER編](1)

今回のお題目
・19,November
・20,November
・9 o'clocks
・Abyss

接続難易度を5段階で認定。(多分に個人差を含みます)


なんという削除曲…
これは間違いなく名曲


続きを読む >>
☆7接続論[ANOTHER編] (1)

今回のお題目
・.59
・2002

接続難易度を5段階で認定。(多分に個人差を含みます)

いきなり削除曲と問題曲のラッシュだけど、曲名順だから仕方ないね

続きを読む >>
☆10接続論(1)

今回のお題目
・250bpm
・321 STARS
・5.1.1.
・5PM ETERNAL

接続難易度を5段階で認定。(多分に個人差を含みます)


250bpm[★★★★☆]
[AC4th]
【トリル・皿・乱打】
曲自体が空気気味なものの、結構難しい。
前半の12交互は完全一定なので、安定性を向上するように。
穴になると16分トリルが無くなるものの、ズレ押しが登場するので、
あんみつして積極的に回避。
9連皿まで繋がれば、一息。
その後の連皿地帯は、24小節間、2小節毎完全同一パターンなので、
皿は覚えて、最後の8小節の1バスに集中。

乱有効度:★★★★☆
(交互や1バスが崩れるため人によっては超有効)


321 STARS[★★★☆☆]
[CSDD]
【連打・階段・同時】
高BPMでの縦連と高速階段が難しい。
S乱が有効、というのが王道だが、使わないとすれば、
左→右の交互で縦連を捌くのが非常に有効。
この捌きは上位譜面においても、
Scripted Connection⇒Amix[A]、Fascination MAXX[A]のような譜面で活用できる。
階段は、上位譜面への活用のために正規でしっかり押せるようになっておきたい。

乱有効度:★★☆☆☆
(むしろ縦連が7などに行くと叩き辛くなる)


5.1.1.[★★☆☆☆]
[AC1st(AC7th)]
【皿・トリル・階段】
中盤以外ほぼ一定リズムの皿が取れるか、が第1段階。
皿が絡んだ状態でも、鍵盤のリズムを崩さずしっかり取れるか、が第2段階。
微妙にミスを誘発しやすい低速でのトリルをきっちり取れるか、が第3段階。
第2段階までが出来ない人は、☆10接続に向けての地力が出来ていない証拠なので、
下位譜面で要練習。

乱有効度:★★★☆☆
(トリルは崩せるが、皿と絡まると若干厄介)


5PM ETERNAL[★★★★☆]
[CS9th]
【皿・連打・乱打】
とにかく皿と、そこかしこに混ざる8分縦連が厄介。
それ以上に接続の上で面倒なのは、希に来る16分連打や3連皿。
気を抜いていると簡単に切ってしまうので、場所を覚えてしっかりと。
皿はしっかり確認しつつ、リズムを崩さないように。
(適当なリズムで捌いていると、連皿の為先BADを取られてしまう事も)
意外と表拍での皿が多いため、立て直しは4分皿が連続で来たらチャンス。

乱有効度:★★★☆☆
(縦連が真ん中付近に固まれば、人によっては押しやすくなる)

バカ、譜面を語る 1 [Queen's Jamaica]
第1回 - Queen's Jamaica (beatmania 3rdMIX)
[Single - Standard]
(参考:かにかにクラブ様)
★★★★☆☆
bpm : 94
notes : 189


3rdMIX、2曲目のレゲエにしていきなりの☆4となる曲。
トータルノーツは少なめながら、5鍵譜面における特徴「高難度で遅い曲は密集しやすい」が見事に表れている1曲と言えます。


8小節目までは基本声ネタ+ウワモノを叩かせつつまったりムードですが、
9小節以降は皿or鍵盤の裏打ちが (12小節を除く) 21小節あたりまで延々と続きます。
まずこの時点で、5鍵譜面としてはかなり意表を突く作りなのがこの譜面の面白いところ。

11小節の1x4連打など細かい難所を経て、迎える難所は15小節目後半。
[1+4]54_[1+3]_ / [2+4]
(/=小節線、_=休符、16分単位)
この1フレーズに桂馬押し、小トリル、移動同時の3要素が詰まっています。

その後裏打ちを交えてまったり進行しつつ、次に現れる難所は同じフレーズの20小節後半。
[1+4]5[2+4]_[1+3+5]_ / [2+4+S]
今度は何と8分ごとに休みない同時が来るどころか、5鍵初のプチデニムが降ってきます。
更にそこから、Sx4分で4回。
初見ノーミスで抜けられた人は果たして居るのだろうか、というレベルの密度。
当時の時点でこの密集譜面を叩かせるスタッフも、かなり鬼畜です。

S→5の8分交互を抜けてヤレヤレと思った矢先、訪れる最大の難所、21小節。
__[1+4]23_4___[2+5]3[1+4]2[1+5]3 / [2+S]
…さっきのもかなりの高密度でしたが、こちらはレベルが違います。
この先に回復ポイントが無ければ、☆5強でもおかしくないレベル。
整理すると、ここに含まれる要素は以下。
・桂馬押し含みの123階段
・左右の手で交互押しし辛い同時→単発のコンボx3
・かつそれが桂馬を含み、単純リズム化しにくい配置

後半部分のベストな捌き方は、右手で534253 / S、左手で2_1_1_ / 2
片手わしゃわしゃは3rdMIXの時点ではかなり難しく、確実に捌くのは☆5以上をマスターできるレベルにならないと、厳しいでしょう。

その後は多少の同時押し・ハネたリズムが続きますが、基本的には回復ポイント。
27〜28小節の[1+3]52_ / [2+4]や、[1+3][1+5]で無駄なミスを取らないように。
29小節から皿裏打ちが復活しますが、鍵盤が少なめなので、確実に鍵盤左・皿右で取れば問題無し。


ここまで紹介したところで、この譜面が弩級のクセ譜面であることはお分かりいただけたでしょうか。
レゲエ特有の裏打ちもさることながら、細かいウワモノの混合譜面。
たった189ノーツで、これだけのエッセンスが味わえる訳です。



ああ、Astria mixよ今どこに…。
バカ、譜面を語る 0 [○○っぽい譜面]
コラムのカテゴリが非常に寂しい+曲紹介だけだとアレなので…ということで、
「曲」ではなく、「譜面」の側面から語ります。
かつ、こちらははっちゃけモードで行きます(笑)


第0回 - ○○っぽい譜面


○○には、機種が入ります。
5鍵っぽい譜面、IIDXっぽい譜面…など。

例えば、ここに16分のドラムロールがあるとします。
これが縦連打なら5鍵っぽいし、トリルならIIDXっぽいし、
ロングノートならキーマニっぽいし、連打ノートならマンボっぽいのです。

ギタドラ等に関してはそもそもにしてタイプが違うので省きますが、
主に[beatmania]と[beatmaniaIIDX]っぽい譜面の特徴は以下の様な物が挙げられます。

[beatmania]
・トラック音ではなく、SE音(声ネタ)を主に叩かせる
・「スクラッチまで含めた階段」が無い(→CORE REMIX以降は解禁)
・縦連打が多め
・高密度地帯がある譜面は、低密度部分も存在する
・混合パートは、基本的に2つまで

[beatmaniaIIDX]
・乱打が多め
・階段/大階段が多め
・隣接同時が多め
・1=4つ打ちをベースにした混合譜面
・皿混合譜面

bm4thの時期にIIDXが登場した辺りはそこまで違いはありませんでしたが、
CORE〜6thあたりから5鍵側も「IIDXっぽい」譜面が多数登場するようになりました。
よって、基本的に「5鍵っぽい譜面」と称されるものは、初期作品(初代〜3rd/4th)の譜面になります。

これらの事を踏まえた上で、譜面語りをお楽しみ下さい。
第3回 - 2008年音ゲー総括
第3回コラムは2008年の音ゲーまとめです。
まとめきれてなかったらごめんなさいw

あ、旧サイトのコラム(2回分)も後で持ってきますよ。
コピペで。



まずは今年で10周年を迎えたもの。
★DanceDanceRevolution '98/09
★pop'n music '98/09

今年出た新作たち。
■pop'n music 16 PARTY♪ (3月)
■GuitarFreaks V5 & DrumMania V5 Rock to Infinity (6月)
■jubeat (7月)
■beatmaniaIIDX 16 EMPRESS (11月)
■DanceDanceRevolution X (12月)

行われたイベント。
●トップランカー決定戦2008
●jubeat体験会

発売された家庭用ソフト・ハード。
◆DanceDanceRevolution SuperNOVA2 (2月)
◆pop'n music Be-Mouse (5月)
◆beatmaniaIIDX 14 GOLD (5月)
◆DanceDanceRevolution X [北米版] (9月)
◆Beat'n Groovy [北米] (10月)
◆beatmaniaIIDX 15 DJ TROOPERS (12月)

音ゲー関係のサントラ・CD。
◇DanceDanceRevolution SuperNOVA2 (2月)
◇GuitarFreaks V4 & DrumMania V4 OST (2月)
◇beatmaniaIIDX 15 DJ TROOPERS OST (4月)
◇L.E.D.「電人K」 (5月)
◇pop'n music 16 PARTY♪ OST (8月)
◇Sota Fujimori「SYNTHESIZED」 (8月)
◇GuitarFreaks V5 & DrumMania V5 OST (12月)
◇上野圭市「Rewind!」 (12月)
◇村井聖夜「plug+program」 (12月)
◇pop'n music REQUEST BEST! (12月)

番外編・BEMANI外。
■DJMAX TECHNIKA (不明)
◆DJMAX Portable CLAZZIQUAI EDITION (10月)
◇DJMAX TECHNIKA Exclusive Collection (10月)
◆DJMAX Portable BLACK SQUARE (12月)
◆DJMAX Trilogy (12月)


・新作
今年も順調に続編作が発売されました。
このまま頑張ってほしいですね。
jubeatはアップデートでまだ続きそう。

・イベント
今年はなんといってもトプランでした。
エリアミーティングとか去年だったんですねぇ。

・家庭用
IIDXやDDRが順調に開発される中、GFDMとpop'nが停滞。
両作とも昨年秋から止まっていますが、発売されてほしいですね。

・CD
サントラもさることながら、アーティストアルバムが豊富な年でした。
来年も続々発表されることを期待しています。

・DJMAX
パクリパクリ言われつつも遂にこの間訴えられてしまったDJMAXですが…
下半期は新作ラッシュに次ぐラッシュ。
テクニカは日本版も開発されているらしいので期待です。



音ゲー廃人ならDJMAXはともかく、BEMANIは全部やって、全部買う、それが流儀。
ま、海外ソフトは多めに見よう。

概算。

ソフト:SN2[7k]+Be-Mouse[5k]+GOLD[7k]+DJT[7k]=26k
CD:SN2+V4+DJT+電人K+PARTY+SYNTHE+V5+Rewind+plug+pmRB[3k×10]=30k
26k+30k=56k
(GOLD/DJT特別版の場合+10k)
→約000-



なんだ、ただの660回分か。
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
COUNTER
CLOCK
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
SQUARE ENIX SaGa Series 20th Anniversary Original Soundtrack -PREMIUM BOX-
SQUARE ENIX SaGa Series 20th Anniversary Original Soundtrack -PREMIUM BOX- (JUGEMレビュー »)
ゲーム・ミュージック
SaGaサウンドの集大成。
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.